山口県連について

山口県連について

県連会長あいさつ

岸 信夫

 自由民主党山口県支部連合会会長の岸 信夫です。

 新しい年を迎え、皆様におかれましては益々ご清祥のことと存じます。
 また、平素から私ども自由民主党山口県連に対し、格別のご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

 昨年は山口県知事選挙、山口県議会議員補欠選挙、そして7月には参議院議員通常選挙が行われました。各々の選挙において自民党候補者が当選の栄を勝ち取ることができましたことに、改めまして感謝を申し上げます。
 こうした中、参議院選挙の遊説中に、安倍晋三元内閣総理大臣が凶弾に倒れ、亡くなるという決して許す事のできない事件が起こりました。事件から半年が経った今も痛惜の念で一杯です。いかなる事情があろうとも民主主義の根幹を暴力によって揺るがすことはあってはなりません。
 私どもは、長きに渡り、地元の山口県のみならず日本を牽引していただいた功績に改めて敬意を表すとともに、安倍元総理の遺志を引き継ぎ、未来に向かう確かな国づくりに全力を挙げていく所存です。
 本年は統一地方選挙の年となり、県議会議員選挙をはじめ、市町の首長・議会議員選挙が行われます。また4月には、衆議院議員補欠選挙が行われることも見込まれています。これらの選挙におきましても、皆様と共に総力を結集して、自民党公認・推薦候補者の当選に向けて、更なるご支援をいただけますよう念願いたします。

「決断と実行。私たち自民党は皆さんの暮らしを、必ず守り抜きます。」

 私も、昨年8月に岸田内閣総理大臣補佐官(国家安全保障に関する重要政策及び核軍縮・不拡散問題担当)として、引き続きわが国の防衛に深く関わる要職に就きました。岸田内閣では、自由で開かれたインド太平洋地域確保のため、我が国の防衛力強化に向けた力強い歩みを進めています。私も引き続き国家安全保障、核軍縮不拡散という重要職務に取り組んでまいります。

 自民党は、コロナ禍を乗り越え「日本を守る。未来を創る。」使命を持ち、その責任 を果たさなくてはなりません。
 私も、党が掲げる ①毅然とした外交・安全保障で、“日本”を守る。 ②強力で機動的な原油高・物価高対策で、“国民の生活と産業”を守る。 ③徹底した災害対策で、“国民の生活・財産・暮らし”を守る。 ④感染症対策と社会・経済活動の両立で、“国民の命と暮らし”を守る。⑤「新しい資本主義」で、“強い経済”と“豊かさを実感できる社会”を創る。 ⑥「デジタル田園都市国家構想」と「農林水産業・地域経済の振興」で、“活力ある地方”を創る。 ⑦憲法を改正し、新しい“国のかたち”を創る。という重点政策を実現するため、立党の精神「政治は国民のもの」との原点にたち帰り、山口県ならびに我が国の発展のため全力を挙げてまいりますので、今後とも皆様の力強いご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

自由民主党山口県支部連合会
会長 岸 信夫

このページのトップに戻る