女性局

令和3年度女性局活動方針

 新型コロナウイルス感染症が世界的に猛威を振るい、わが国も国難といえる深刻な状況が続く中、国民・県民の命と健康を守り、安心を取り戻すため、コロナ禍を一日も早く収束させ、ポストコロナの未来を切り拓いていく。

 安定した政治基盤を維持するため、衆議院議員総選挙に向けては、早期からの支持層の拡大に取り組むなど、強固な選挙態勢を構築し、総力を結集して戦い抜く。

 また、憲法改正についても女性の視点から運動を展開する。

 なお、本年秋には、女性局中国ブロック会議を幹事県連として開催する。

1 組織強化対策

「120万党員獲得運動」を引き続き展開し、女性局組織の基盤強化を図る。
地域支部女性局長の完全配置を目指す。

年次別地域支部党員数と女性党員数状況
地域支部党員 女性党員 増減
30年 8,006 2,967 37.1% -107
1年 8,046 2,992 37.2% +25
2年 7,922 2,913 36.8% -79

2 各級選挙対策

衆議院議員総選挙をはじめとする各級選挙において、女性局組織の総力を結集し、必勝に向けた活動を展開する。

 党および党女性局が取り組む政策の普及や、理解促進を図るなどの活動を強化する。

 また、期日前・不在者投票の徹底や、若年層へのアプローチを強化し、積極的な投票参加を促進する。

3 研修活動

県連主催研修会
 *中央研修会(党本部研修)
地域支部主催研修会
 *りぶるの会やバス旅行等による研修会

4 女性局活動の活性化

1. 女性対話集会「いどばたキャラバン」や、若者や若い母親層にスポットをあて、より具体的な声を聞く新たな取り組みの「女性局ユーストーク」「女性局ママトーク」を開催し、地域の課題や党に対する意見を伺い、かつ、党の政策についての理解促進に努める。

2. 児童虐待防止「ハッピーオレンジ運動」を継続的に取り組み、「児童虐待ゼロ」を目指し、児童相談所全国共通ダイヤル「189」の更なる周知・徹底のための活動を行う。

3. 「りぶる」購読の継続および拡販により、党の政策や党活動の理解促進を図る。

5 大会・会議

1 女性局大会 (山口市) 5月
2 中国ブロック会議 (山口県)
3 全国大会・党大会 (東京都)
4 役員会 (山口市) 4月、8月、3月

このページのトップに戻る