女性局

令和元年度女性局活動方針

 12年に一度の政治決戦の本年、4月に実施された統一地方選挙、及び、来る夏の第25回参議院議員通常選挙に向けては、早期からの活動を展開し、さらに安定した政治基盤のもとで、新たな日本の未来を切り拓いていくために、引き続き、参議院議員選挙での必勝を期し、更なる盤石な選挙態勢の構築を図る。
 また、国や地域への要望や課題などの意見交換の場である、女性対話集会「いどばたキャラバン」を開催し、党の政策についての理解促進を図る。
 児童虐待防止「ハッピーオレンジ運動」の継続に取り組み、「児童虐待ゼロ」を目指し、児童相談所全国共通ダイヤル「189」の周知・徹底のための活動を展開する。

1 組織強化対策

「120万党員獲得運動」を引き続き強力に展開し、党勢拡大と女性局組織の基盤強化を図る。
地域支部女性局長の完全設置を目指す。

年次別地域支部党員数と女性党員数状況
地域支部党員 女性党員 増減
28年 7,959 3,046 38.3% +242
29年 8,121 3,074 37.9% +28
30年 8,006 2,967 37.1% -107

2 各級選挙対策

参議院議員通常選挙をはじめとする各級選挙において、党公認及び推薦候補者の必勝を目指す。
自民党女性局政策パンフレット「やさしさはちから」の配布をするなど、女性局政策の理解促進に努め、選挙態勢の強化を図る。
また、わが国の未来を担う若年層の政治への関心を促し、投票率アップに取り組む。

3 研修活動

県連主催研修会
・研修会(山口市)
地域支部主催研修会
・りぶるの会やバス旅行等による研修会

4 女性局活動の活性化

東日本大震災から8年が経ち、昨年は西日本豪雨災害も発生する等、日本各地で甚大な自然災害が相次ぐ中、わたしたちは、引き続き被災地の復興支援に向けた活動を積極的に展開する。
「りぶる」購読の継続・拡販により、党の政策や党活動の理解促進を図る。

5 大会・会議

1 地域支部女性局長会議 (山口市) 4月
2 女性局大会 (山口市) 5月
3 中国ブロック会議 (岡山県)
4 全国大会・党大会 (東京都) 1月
5 役員会 (山口市) 4月、5月、7月、10月、3月

このページのトップに戻る