女性局

平成30年度女性局活動方針

 次期統一地方選挙、参議院議員通常選挙の必勝体制を構築するため、新たな支援者の獲得、党女性局が取り組む政策の普及・広報活動、若年層への支持拡大に努める。
 また、党の政策についての理解促進や、新たな支援者獲得を図るため、女性対話集会「いどばたキャラバン」を開催する。
 さらに、児童虐待防止「ハッピーオレンジ運動」の継続をするとともに、子どもの貧困対策を含む食育を推進する。

1 組織強化対策

120万党員獲得運動の継続により、党勢拡大と女性局組織の基礎強化を図る。
地域支部女性局長の完全設置を目指す。

年次別地域支部党員数と女性党員数状況
地域支部党員 女性党員 増減
27年 7,461 2,804 37.6% +398
28年 7,959 3,046 38.3% +242
29年 8,121 3,074 37.9% +28

2 各級選挙対策

統一地方選挙、および参議院議員通常選挙をはじめとする各級選挙において、党公認及び推薦候補者の必勝を目指す。
また、選挙権年齢が18歳へ引き下げられ、わが国の未来を担う若い世代が、選挙への関心を持ち、参加しやすい環境づくりに取り組む。

3 研修活動

県連主催研修会
・中央研修会(党本部研修)
地域支部主催研修会
・りぶるの会
・バス旅行等による研修会
・ミニ集会座談会等

4 女性局活動の活性化

東日本大震災から7年が経ち、日本各地で自然災害が後を絶たないなか、被災地復興支援活動を積極的に行う。
友好団体、各種団体との政策懇談会を開催するなど、交流を深め、連携の活性化を図る。
「りぶる」購読の継続・拡販により、党の政策や党活動の理解促進を図る。

5 大会・会議

1 地域支部女性局長会議 (山口市) 4月
2 女性局大会 (山口市) 5月
3 中国ブロック会議 (鳥取県)
4 全国大会・党大会 (東京都) 1月
5 役員会 (山口市) 4月、5月、7月、10月、3月

このページのトップに戻る